青汁の服用上の注意点

青汁は、健康食品やサプリメントでもあるために、副作用ってあるの?と心配する人もいるかもしれません。
しかしながら、その成分はケールや明日葉、大麦若葉など、栄養価の高い野菜を原料としたものです。
つまり、野菜不足を野菜を原材料とした健康食品やサプリメントで補っているだけなので、副作用は一切ありません。
ですが、服用上の注意点が一切ないというわけではありません。

服用上の注意点について

では、服用する上での注意点いついて紹介します。
まず、病気で医者から処方されている薬を飲んでいるという人は、青汁を併用して飲んでも問題がないか、確認してから飲むようにして下さい。
先ほど、副作用が一切ないと言ったのに、どうして?と思うかもしれません。
ですが、薬と併用する場合は話が別です。
例えば、心臓に疾患がある人に処方される「ワーファリン」という薬があります。
この薬と併用すると、ワーファリンの効果を薄めてしまうのです。
つまり、病気の薬が効果がなくなり、病気に悪影響を及ぼす可能性があります。

過剰摂取はNG

またいくら健康にいいと言っても、過剰摂取はよくありません。
栄養のバランスが取れた食事をしていても、その量が多すぎれば太ってしまい、健康を損なう恐れがあるのと同じです。
1日に必要な栄養素の量は決まっていて、多すぎても少なすぎてもダメで、適量摂取する必要があるのです。
なぜ過剰摂取をしてしまう人がいるのか?
これは、身体にいいものだから、たくさん摂取すれば、もっと効果が得られるかもしれないと考えるのかもしれません。
また、青汁には即効性がありません。
美肌目的で飲んだとしても、飲んだ翌日に美肌になるという事はありません。
身体の内側から、変化していくため、長期的に飲み続けて初めて効果が得られるものだからです。
なので、即効性がないから、もっと摂取量を増やしてみようと考えないで下さいね。
副作用がなく安全で栄養価の高い健康食品ですが、薬との併用や過剰摂取をしないように、服用上の注意はキチンと守って下さい。

関連記事